忍者ブログ

オススメ絵本紹介

古本屋・厚生書店がお子様向けから大人向けまで幅広く、イチオシの絵本を紹介します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第一回オススメ絵本 『ピーターラビットのおはなし』


今日から不定期にオススメの絵本を1冊ずつ紹介して行きたいと思います。


初回は、あちこちのCMやイメージキャラクターにひっぱりだこの世界的有名なウサギのキャラクター。

そう、ピーターラビットの原作、

『ピーターラビットのおはなし』
(ビクトリア・ポター 作と絵 石井桃子 訳 福音館社 平1)
です。

絵本は何冊も出ているのですが、これがピーターラビットの初登場です。

豆知識的に付け加えておくとネザーランド ドワーフと言うウサギがモデルになってます。
青いコートを来た愛らしいウサギの男の子です。四兄弟の末っ子です。

キャラクターでは知ってる!見たことがある!と言う方は多くても、実際に絵本をお読みになった方は少ないのではないでしょうか?

読んでみて下さい。読んでみて下さい。(連呼します)

【可愛い見た目に騙されるな】

この言葉をひしひしと感じます。

まず、世界観がとてもシビアです。

2P目でピーターのお母さんが
「(略)おとうさんは、あそこで、じこにあって、マクレガーのおくさんに、にくのパイにされてしまったんです」

……ひぃ。さらりと物凄く怖い事を仰ってます。怖すぎて、変な声が出ます。
ピーターお父さんは、マクレガーと言うお百姓さんの畑でとっつかまってパイにされて、(おそらく)美味しく召し上がられておられます。
そういう事ですか。そういう事ですね。

そんな注意までされているのに、お母さんが出かけた後にピーターはお約束通り、マクレガーさんの畑に行ってしまって、さあ大変。大変どころか人(?)生の大惨事にでくわします。

どう大惨事は……ぜひご自分の目でご確認下さい。
私の口からはもう、何も言えません。


この絵本のシリーズは、
お子様にはピーターの冒険のわくわくを、大人には弱肉強食の世界を、知恵を使って生き抜くたくましさを、伝えてくれる……のではないかな、と一人勝手に思っています。



大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
厚生書店
性別:
非公開
自己紹介:
空堀にある古本屋の厚生書店です。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ