忍者ブログ

オススメ絵本紹介

古本屋・厚生書店がお子様向けから大人向けまで幅広く、イチオシの絵本を紹介します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第二十五回オススメ絵本『やくそくまもろう』



今日のオススメ絵本は


『よいこの幼児全集 やくそくまもろう』
(平塚益徳 監修 角尾和子 著 まえの・まり 絵 文英堂 昭56)

です。


似非風刺をおこがましくも口走ってみると。


永田町とかどこぞの党本部とか◯電の本社とか……小さな事から大きな事まで。
もういっそ、日本の各戸に無料配布すればいいんじゃないですかね。


配布しても読まない可能性があるから、読書と言えばお上ご恒例の感想文提出制度で。
ネットでも可にしたら集まるんじゃないかな。
そのかわり人のをコピペした人間はネット環境を取り上げられるとかね。


自由、自由、言う前に義務を果たせ。やくそく守れ。


自分がやって欲しかったら、先に自分が人の事をやってやれ。


随分と使い古された言葉の上に傲慢口調で書いていますが、最近この言葉が身にしみた上につまされるなぁ。


そんな事を思う、寝不足で吐き気と戦う初秋の晩。


ここまで偉そうに書きましたが、書き手も思い切り約束はぶっちぎるほうなんですが。

特に国関係。


これを読んで反省だけもサル並になりたい、頭痛のする初秋の晩。
(←無駄に体調悪いアピール)



大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

PR

第二十四回オススメ絵本『と・も・だ・ち』



すっかり秋めいてきた、と思ったらなにやら世の中がきな臭いですね。

そんな中で、あえて

今日のオススメ絵本は


『と・も・だ・ち』
(ロブ・ルイス 作 まつかわまゆみ 訳 評論社 平11)

です。


あらすじは、

ひっこしてきたウサギのアンディには友達を沢山つくるつもりでしたが、
どの子も気に入りません。気が合いません。

このまま一人を貫くか、友達を作るか……。
アンディは悩みます。自分のやりたいこともあるし、でも誰も付き合ってくれないし。
ひとりぼっちは嫌だよぅ。
でも僕に合わせて欲しいんだよぅ。

アンディは思います。


友達を作るかどうかというのは、ある意味究極の選択ですね。


個人的には無理して友達を作る必要もない、とは思うのですが。




そして、これを今の日本情勢におきかえても、あまりおもしろくないのでここらへんで。


政治・宗教・スポーツの話はだいたいが喧嘩の元です。


世界を一つに『We are the world!』


思ってもないことを書いて、胡散臭さを漂わせながら今日の紹介を〆ます。


大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

第二十三回オススメ絵本『もしもし…』




世間では『iPhone 5S』が発表になっとか。


まだ詳細記事を読んでいないので、機能についてはなにも言えませんが、
最近スマートフォンをお持ちの方がぐんと増えましたね。


人が使っているのを見ると、使い勝手が良さそうで欲しくはなるんですが、
2年以上使っている愛用携帯電話に愛着があってなかなか踏ん切れません。


電話とメールが出来て、写真が撮れれば十分なんですが、
これもほんの10年前では夢のような機能だったのですねぇ……と思い返させてくれるのが今日のオススメ絵本です。


今日のオススメ絵本は


『もしもし』
(竹下文子 文 高畠純 絵 偕成社 平12)

です。


電話の最初に必ずつける「もしもし」ですが、「申す申す」が短縮された言葉だとか。
いまや礼儀となっていますね。


そしてこの絵本で出てくるのは固定電話です。
固定電話はいつでも相手と繋がって便利。でもね……不便なところもあるよね……
それはどんな時?

そういうお話です。


固定電話でこれだったら、携帯電話が普及した今ならどのような話になるのでしょう?



大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

第二十二回オススメ絵本『ぼちぼちいこか』



どんな職業についても、『本当の自分ってこんなのじゃない気がする』と
『自分探し』『自分磨き』へ旅立ってしまう方へ。


キン◯ョー◯の宣伝で「自分探しなんかやめたらええねん。幾ら探しても自分の背中はみつからへんねん」
と言うのがありますが、それでも『自分』を探さずに、おられないあなたへ。
色々探しても結局は見つからなくて焦っているあなたへ。


今日のオススメ絵本は


『ぼちぼちいこか』
(マイク=セイラー 作 ロバート=グロスマン 絵 いまえよしとも 訳 偕成社 平12)

です。


カバが色々な職業に挑戦するのですが、どれもこれも上手くいかず……。
でも次から次に挑戦します。
そして、最後は……。


そんなカバの台詞が全部関西弁で訳されています。


「失敗してもたわー」
「あかんかったわー、ほな次行こか」


そんな事を言い出しそうなカバの表情と、失敗してもあっけらかんとした様子が、
関西弁と、とても良くあってます。

『ええねんもう。あせらんといこや』
『ぼちぼちいこか』


なんやかんやと焦りすぎの現代社会には、必要な言葉と心意気ではないでしょうか。


と今回は短く、キレイに(?)まとめてみました。


大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

第二十一回オススメ絵本『はりねずみのはりこ』



生まれ持った自分の特長を、他人と比べて嘆くか。
それとも自分らしく使いこなして誇るか。


この違いで生が自分にとって楽しくなるか、そうでないか。


こういう話は沢山存在します。
そして、自分の特長を捨てて、人の特長を欲しがると大抵痛い目に合います。


いわゆる『自分の分をわきまえましょう』かつ『君には君の可能性がある』
と言ったところでしょうか。


自分にないから欲しいんじゃないか、とか思うのは……きっと教育上よろしくないのですね。


ここは素直に実態の掴めない、ぬめっとした『自分らしさ』を探してみましょう。


今日のオススメ絵本は


『はりねずみのはりこ』
(なかやみわ さく・え 福音館書店 平15)
です。


主人公は、はりねずみのはりこ。おばあちゃんがお針子さんで、その手伝いをしています。
はりこの主な仕事は出来上がった商品を届けること。


はりこはその商品を見るたびに、自分も着たいなと思うこのごろなのです。


しかし、それはお客さま(ネズミやヒツジやキジ)に合わせて作られたもの。
はりねずみのはりこには着るのに問題があったのです。


そう、背中の針、という。


そうして落ち込むはりこをみたおばあちゃんが……というのが粗筋です。


はりこが他の動物のマネをして失敗するところよりも、商品を届けた先の動物たちがはりこの願いをいろんな形で一生懸命叶えようとしてくれるところが、この本の一番の読みどころだと思った私は、速攻で違う!と言われました。


そういう訳で、おばあちゃんからはりこへのプレゼントと『ハリネズミの分』というやつを堪能して下さい。

絵が可愛くてとてもほのぼのします。


そしてはりねずみと聞くと『ハリネズミのジレンマ』を思い出し、
その解消法を簡単に言った京極堂シリーズに出てくる榎木津大明神を思い出します。


こちらの答も秘密にしておきますので、興味を持たれたら読んでみて下さい。



大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
厚生書店
性別:
非公開
自己紹介:
空堀にある古本屋の厚生書店です。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ