忍者ブログ

オススメ絵本紹介

古本屋・厚生書店がお子様向けから大人向けまで幅広く、イチオシの絵本を紹介します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第二十一回オススメ絵本『はりねずみのはりこ』



生まれ持った自分の特長を、他人と比べて嘆くか。
それとも自分らしく使いこなして誇るか。


この違いで生が自分にとって楽しくなるか、そうでないか。


こういう話は沢山存在します。
そして、自分の特長を捨てて、人の特長を欲しがると大抵痛い目に合います。


いわゆる『自分の分をわきまえましょう』かつ『君には君の可能性がある』
と言ったところでしょうか。


自分にないから欲しいんじゃないか、とか思うのは……きっと教育上よろしくないのですね。


ここは素直に実態の掴めない、ぬめっとした『自分らしさ』を探してみましょう。


今日のオススメ絵本は


『はりねずみのはりこ』
(なかやみわ さく・え 福音館書店 平15)
です。


主人公は、はりねずみのはりこ。おばあちゃんがお針子さんで、その手伝いをしています。
はりこの主な仕事は出来上がった商品を届けること。


はりこはその商品を見るたびに、自分も着たいなと思うこのごろなのです。


しかし、それはお客さま(ネズミやヒツジやキジ)に合わせて作られたもの。
はりねずみのはりこには着るのに問題があったのです。


そう、背中の針、という。


そうして落ち込むはりこをみたおばあちゃんが……というのが粗筋です。


はりこが他の動物のマネをして失敗するところよりも、商品を届けた先の動物たちがはりこの願いをいろんな形で一生懸命叶えようとしてくれるところが、この本の一番の読みどころだと思った私は、速攻で違う!と言われました。


そういう訳で、おばあちゃんからはりこへのプレゼントと『ハリネズミの分』というやつを堪能して下さい。

絵が可愛くてとてもほのぼのします。


そしてはりねずみと聞くと『ハリネズミのジレンマ』を思い出し、
その解消法を簡単に言った京極堂シリーズに出てくる榎木津大明神を思い出します。


こちらの答も秘密にしておきますので、興味を持たれたら読んでみて下さい。



大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
厚生書店
性別:
非公開
自己紹介:
空堀にある古本屋の厚生書店です。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ