忍者ブログ

オススメ絵本紹介

古本屋・厚生書店がお子様向けから大人向けまで幅広く、イチオシの絵本を紹介します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第十九回オススメ絵本『ふたり ミーナの家出』



昨日、このブログを読んでくれている数少ない読者かつ友人からメールが来ました。
『どうして絵本ブログは毎日更新じゃないの』


これについて、他に疑問を持ってらっしゃる方もいらっしゃると勝手に仮定して、この場でお答えします。


答。
『書き手がバイトで出勤している時に更新するから、不定期なんです』。


出勤日は、統一されていないので、いつ更新されるかどきどきして頂けると幸いです。


そしてもうひとつ言われた事。


『ネガティブ……じゃない? 絵本ってもっと明るいものじゃないの?』


……それは性格だ。そして、絵本には明るいものも多いけども、説教くさいのもあるし、なにより大人になってから読むと理不尽に満ちています。
という偏見を持っています。

その理不尽が面白いんですけどね。



昨日の『絵すがた女房』なんて、ネタをばらすと。
お殿様に連れ去られた嫁を迎えに◯◯(せめてもの配慮)でお城に行ったごんべえが、
色々あって、殿様と入れ替わるんですから。
家臣は「どうせ殿様なんか、だれがなっても役にたたないのは同じです」ですし。
……クズだろう。どうがんばっても。


そんな中、
今日のオススメ絵本は


『ふたり ミーナの家出』
(アンナ・ヘグルンド 作 菱木晃子 訳 ほるぷ出版 平20)

です。

簡単にいうと、クマの恋人同士コーグ(雄)とミーナ(雌)。
今日も仲良く過ごすはずが、コーグがもぐらに誘われて遊びに行ってしまったばっかりに、ほったらかされたミーナが腹立ちまぎれに家出をする。
それだけです。


これは主人公がクマ二匹だから可愛い絵本になるけれども、人間だったらネットの人生相談とか、女友達と集まって愚痴大会とか。
そういう一気に現実味を帯びてうざったくなる恋人同士の喧嘩を、
クマだからこそ、そんな嫌味もなしに、『置いていった男が悪いなー』『でも意地はってないで早く仲直りしろよー』
と暖かく見守れるという、素晴らしい絵本です。


恋人の居る方、将来作るだろう方。
これを読んで、まずシミュレートしてから人間の本番に挑むと結構よいかもしれません。


大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
厚生書店
性別:
非公開
自己紹介:
空堀にある古本屋の厚生書店です。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ