忍者ブログ

オススメ絵本紹介

古本屋・厚生書店がお子様向けから大人向けまで幅広く、イチオシの絵本を紹介します。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第十八回オススメ絵本『絵すがた女房』



高校生までの夏休みが終わって、一週間。
(大学生はもう少し夏休みがありますね)


学生さんも家族の皆さまも、夏休みなんて全然関係ない方も、色んな理由から年中夏休みの方も。


皆さま、この悪天候に体調を崩しておられませんでしょうか?


毎日毎日『ゲリラ豪雨』とやらで雨は降るわ、気圧は下がって体調に影響を及ぼすわ。

散々な感じです。


今日はそんな散々な感じを絵本にしたらこうなるんだろうなぁと言うものをご用意しました。


天候的な意味じゃなく。人間的な意味で。


今日のオススメ絵本は


『絵すがた女房』
(二宮由紀子 文 石井聖岳絵 フェリシモ 平20)


です。


綺麗な女房おはなを嫁にもらったごんべえはその姿をじっと見ていてばかりで働かず。
しかし働かないわけにはいかないので、おはなを絵に描いた紙を持って渋々働きにいきます。
その時風が吹いてその絵が飛ばされた。あーとなっていると偶然にも殿様の一行が通りかかって……


とまぁ、話の始まりはこんな感じですが。
(もう少しで乱歩の『押絵と旅する男』になりますが)


登場人物が端役にいたるまで、ものの見事にクズだらけ。
いっそのこと、清々しい程のクズっぷり。
主役の夫婦と殿様はかなりイタイ人間ですし、家臣は家臣で……


もう、どこまでクズっぷりが爽やかに描かれているか。
一度ご覧ください。


そして、一番怖いのは『人間の無関心』という何度も聞かされた事のある言葉が、
背筋を駆け登ってくる程、恐ろしい最後になっております。


……ある種、怪談よりも怪談じゃないかな、と個人的には思います。


大阪の古本買取は小店にお申し付けくださいませ。空堀通商店街の店頭にて、遠方の場合は出張・ご送付により買取りもいたしております。絵本・昭和史だけでなくあらゆるジャンルの文庫・新書・単行本、社会科学・自然科学・文学・美術その他専門書の査定と買取りをいたします。
〒542-0012 大阪市中央区谷町6-3-12 空堀通商店街 (谷町筋東側)
TEL/FAX06-6773-9360

(小川知里)

拍手

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
厚生書店
性別:
非公開
自己紹介:
空堀にある古本屋の厚生書店です。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ